がんに備える?

tetra

あるがんサバイバーの方が「自分ががん告知された時、頭が真っ白になり、家に帰ってからネットで乳がんについて調べても、たくさんの情報があふれていてどれを信じたら良いのか分からず途方に暮れたと」おっしゃっていました。

その方は自身の経験から「自然災害に備えるのと同じ感覚で、健康なうちに、どの情報が信頼できるのか、困ったことがあったら何をどこに相談すれば良いのかなど、家族がいらっしゃる方は家族全員でシュミレーションしておくと、いざという時のパニックを最小限に食い止め、対処することができるのではないか」とおっしゃっていました。

皆さんもご自宅に、何らかの防災グッズ;懐中電灯やお水・食糧など準備されていますよね?いざという時の避難経路や避難所もご存知ですよね?

それと同じ感覚だそうです。

私にとっては新鮮なアイデアでした。

札幌フィメールクリニックが監修した『ほっかいどう乳がん検診ドットコム』には、「もしも乳がんだと分かったら」というページがあります。

万が一乳がんが見つかった場合、やはりネット検索される方が多いと思いますが、信用できるウェブサイトから情報収集をしていただきたく、このページを入れることにしました。

今や3人に1人が、生涯でなんらかのがんに罹る時代です。

がん検診や健康診断を定期的に受け早期発見に努める、万が一の時のことを想定して話し合っておく、など、がんによる災難に対する準備をしておくことで、いざという時の衝撃を少しは軽減できるのではないかと思います。

by Chieko

ページ上部へ戻る