質問にもお答えしています

CLDIR

集団検診として「乳がん検診」を受ける場合は、多くの受診者を効率良く診察・検査する必要があり、どうしても「流れるようにすすみ、あっという間に終わる」傾向があります。

症状のない方が対象で、精密検査の必要があるかどうかを判断するのが目的ですので、受診者が普段気になっていることを尋ねたり、検診の結果についてその場で詳しく説明を受けることはできないと考えた方がよいです。

 

私は長く乳がん検診の仕事に携わってきましたが、その間、受診者の方にもっとよく理解してもらえたら、次回の検診まで不安なく過ごせるだろうな、定期的なセルフチェックの重要性を知ってほしいな、と考えていました。

 

それを札幌フィメールクリニックで行っています。

結果をお伝えする際には、マンモグラフィ画像や超音波画像を受診者の方に示しながら、説明します。

専門用語に説明を加えながら、しっかり理解していただけるよう、説明の仕方に配慮しています。

また、受診者さんの質問にもお答えします。

これまでに不安に感じていたことや、過去の検診の結果についての疑問など、いろいろな質問を受けますが、可能な限りすべてにお答えします。

1人の診察を終えるのに、ある程度の時間を要するため、任意型検診でなければ実現できない方法ですが、集団検診にはない良さがありますので、初めて検診を受ける方だけでなく、これまでの検診に不安や疑問のある方にもおすすめです。

 

by Akiko

ページ上部へ戻る